スタッフブログ

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』です。

最近は朝の冷え込みもすっかり厳しくなって、布団からでてくるのも少しずつ体が抵抗するようになってきました(((=_=)))ブルブル
それでも頑張らねば!と自分自身を奮い立たせて目覚める毎日です。

目覚めてしまえば何ともないのに、そこに至るまで大変なんですよね。
これ、勉強でも同じではないですか?
取り組み始めるまでが大変でも取り組み始めたら何事もないようにサクサク進む・・・
みなさんも経験があるのではないのでしょうか。

オンライン指導もとっつきにくいなと思っているかもしれませんが、意外とやってみるとオンラインの方が良いという声もあるんですよ。それは通塾の時間がいらないことも大きいようですが、家庭教師みたいに先生が家に来ないことも魅力だとか。オンラインの時代ですものね。

さて前回は中学入試が現在熱い!ということで話をしてきました。
(前回の内容はこちら)
中学受験人気加速の要因は大学入試への負担が減ることですが、いったいどのような面で大学入試の負担が減るのでしょうか?

附属校選抜入試の内容はこれだ!

大学付属校からの選抜入試の出願資格は「学校の成績が一定以上」であること。
つまり中学校・高校で頑張ってさえいれば高い確率で附属校選抜入試の出願資格を勝ち取ることができるのです!
面接+小論文」という、これまで一般の推薦入試で行われていた内容が引き続き行われることが多いため、対策への負担もそこまで大きくないのです。
有名な私立大学に入るには早い段階から学校側の信頼を勝ち取ること、これが第一です!

国公立大学の受験を考えている場合でも、併願入試という形で附属校への内部進学への道を確保しつつ国公立大学への受験に臨むことができる学校もあるので、将来の進路について幅広い選択肢を持ちたい場合はそちらも要チェック☆

指定校推薦で進学先を確実にゲット!

附属校への進学の場合、自分が通いたい学部・学科がない場合はどうすればいいのでしょうか?
せっかくの進路選択、自分にとって最も学習したい学部・学科に進学したいですよね。
そんなときに活用すべきなのが指定校推薦です!

指定校推薦とは、各大学が「この学校の生徒にぜひともうちに来てもらいたい!」と大学側から各学校に推薦枠を与えており、その推薦枠を使って受験をする制度です。
大学側から「ぜひうちに!」という制度なので受験すればほぼ100%合格できます!
その分学校内で推薦枠を勝ち取るのは大変では・・・実はそうでもないのです。

多くの私立学校、特に中学受験を実施する私立学校はひじょうに多くの指定校推薦枠を持っています。その数は高校3年生の在籍数の5倍近く、という場合さえあるのです。
もちろん学校側も「この生徒なら大丈夫だろう」と信頼をもって推薦枠を与えるので、普段の学校生活やテストの点数はとても重要視されます。
逆に普通に頑張ってさえいれば指定校推薦枠をもらうことはそう難しいことではないのです。
中高一貫校でしっかり頑張ることは将来の自分にとってメリットがいっぱいです☆

国公立受験対策もがっちりサポート!

中学受験をする生徒の中には、将来の進路は国公立大学への進学を希望している生徒も数多くいます。
実際に東大や京大、阪大など旧帝大の合格実績を見てみると中高一貫の私立学校も数多く名を連ねていますよね。
いったいどうしてなのでしょう?
もちろん優秀な生徒を集めているということもあるのでしょうが、公立高校や高校からしか募集しない私立学校とは違うカリキュラムが大いに関係しているのです。

通常、中学では中学の内容を、高校では高校の内容をそれぞれ3年間かけて学習することになっていますが、私立の中高一貫校では、遅くても中学3年の1学期までに中学3年間の学習をすべて終わらせ、その後は高校2年が終了するまでに高校3年間の学習をすべて終了するカリキュラムを組んでいることが多いのです。
そして最後の1年間は、入試に向けた演習を繰り返し、実践的な力を身に着けるのです。
その結果、中高一貫生たちはより高い実力をもって国公立入試に挑み、多くの現役合格を勝ち取ってくるのですね。中学受験は入るのは大変ですが、その後の進路実現に向けて多くのメリットがあります。
早い段階から将来の目標に向けて動き出すことが大事なのですね。
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』ではこれまでも多くの中学受験の合格をサポートしてきました!
中学受験のサポートをご希望の方は・・・今回はこれでは終わりませんよ!
何と今回は特別拡大版、中学受験だけでなくすべての受験に合格するためには必須な家庭学習のちょっとしたアドバイスも公開しちゃいます!

①視界に気をつけよう~整理整頓のススメ

人間は集中していても何かが視界に入ってしまうとそちらが気になって集中できなくなってしまいますよね。
特にそれが漫画やオンラインでのゲーム、スマートフォンなどでなればうっかり手が伸びてしまい・・・気づいたら数時間たっていたという経験はありませんか。

そんな人は視界に余計なものが入らないように一度整理整頓してみましょう。
実は人間は情報の80%を目から入手するといわれています。
「そんなに!?」と思われた方、まさに「目から鱗」ですね(分からない人は早速調べてみよう!)。
そんななかで不要なものや邪魔なものから情報を得てしまってはせっかく勉強を頑張っていても効果が薄れてしまいます。
そこで一度整理整頓して、本当に必要なものだけ残しておいて、勉強に必要ないものは直しておきましょう。
基本的には勉強しているときだけでいいでしょうが、受験生の皆さんは受験が終わるまで継続してみてはいかがでしょうか。
例年、「受験が終わるまではスマートフォンは封印します」という受験生がたくさん出てきます。勉強以外のオンラインは敵ということでしょうか(笑)
それくらい強い意思を持てるのであれば大丈夫なのではと心配することもありますが、そこは無理に強要はできません。
それでも連絡や学習管理でスマートフォンを使用することもあるかと思うので、そこは必要に応じて活用できるようになるともっとよくなるでしょう!

②計画は+αが大事!

計画を立てて学習することはとても大事ですね。家庭教師が一番大切にしていることは計画とも言われます。
無計画に勉強していては自分の弱点が本当に克服できているのか怪しいものです。
それでも調子の良しあしはあるでしょう。
そんなときは、「調子のよいときは計画を破ってもっと勉強し、調子が悪かったら計画どおりに最低限勉強する」というのを心掛けてみてはいかがでしょうか。

調子のいいときに計画どおり学習できて、そこで終わってしまっては調子が載っているのに…もったいないですよね。
そんなときこそ計画よりも先に進めたり、計画にはないことを学習したりするだけでもプラスになるので、ぜひとも実践してみてください。

逆に調子が悪いときは、無理は禁物ですが最低でも頑張ろうと思った分だけでも進めてみましょう。
一度ペースが乱れてしまうとそれを取り戻すのはとても大変です。
最低限のラインだけは継続できるように頑張ってみましょう。

中学受験の対策は、まずお子さんが確実に実行できる勉強スケジュール(計画)を立てることが必要です。無理な計画を立てて途中で断念してしまっては元も子もありません。
わかるらいぶでは、まず受験する目標の学校を講師、生徒、父兄の間でしっかり共有し、勉強スケジュールを立てます。そしてオンラインでご父兄や生徒さんと「確実に実行できるスケジュール」を共有します。
「オンライン家庭教師」での勉強の間は、注意がそれることなくその時間はしっかり勉強に集中できます。また、オンラインを通しての勉強は塾に通う時間もセーブできたり、夜遅くならなかったり、お子さんが勉強できる時間でスケジュールを組むことができるので、中学受験勉強にかかるお子さんの負担やストレスも軽減されます。
1対1ですので、授業前には講師がまず勉強に取り組む環境作りから始めます。
1対他の塾と大きく違う点は、講師はお子さんだけをみて中心に勉強を教える点です。
オンライン家庭教師を通しての中学受験対策はこのようなメリットもありますので、受験を控えた生徒さんは、時間を無駄にすることなく、第一志望校合格に向けて効率的に受験対策をすることが可能です。

オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』では家庭学習についても指導の中でアドバイスも行っていきます。

中学受験をお考えの方、家庭学習でもお困りの方、興味のある方はぜひともこちらよりお気軽にお問い合わせください!!