高校生 個別指導 九大パル

九大パル講師ブログ

補助の関係

2016年6月29日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

今日は中等部の生徒に声をかけられました。
「「ブーツである」と「飛んでいる」って両方とも補助の関係なんですか??」

両方とも補助の関係なんですが、ここで違和感を感じるのも一つの才能ですね。
文法用語で言うと、「ともに連文節で述部になる」とか、もっともらしい説明はできますが、
普通に文法で補助の関係で習う「動詞(飛ん)」+「接続助詞(で)」+「動詞(いる)」
とは違って、「名詞(ブーツ)」+「助動詞(で)」+「動詞(ある)」は、品詞分解すると
全く別物!個々の違和感や疑問を大事にすれば、古文がものすごく得意になるでしょうね。

別の見方からすると、中学校で習う「国文法」は、古文の基礎中の基礎になります。
「五段活用」に始まる「活用」をきちんと理解していないと……古文のスタートから頑張らないと
いけなくなりませんね。

そんな場合でも。一人一人の生徒のレベルやペース、特徴に合わせて「オーダーメイドのカリキュラム」
が組めるのが九大パルの特徴です。
例えば、16コマを古文で集中的に頑張れば、基礎が不安……な生徒さんでも、私ならまず福大・西南合格
レベルへひと夏で持っていける、そんなノウハウと魅力的な先生が自慢です!!

ぜひとも、そんな先生の熱気ある雰囲気を一目見てほしいですね!!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

次の学習指導要領

2016年6月24日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

おとといの6月22日に、文部科学省より、学習指導要領の改訂の方向性が
示されました。
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/075/siryo/1372604.htm)

特に印象的だったのは、今後の科目再編のイメージですね。

よく18歳選挙権の話とともに、「公共」の科目設置が話題になりますが、この表を見るとわかるように、「論理」や
「総合」という言葉がよく目につきます。

つまり、単に深い知識をもっているだけではなくて、幅広い視野・教養をもって、論理的に思考・表現できる
人材を育てようとする、今の教育改革の方向が、ここにも表れていますね。

こうした部分を先読みして、筑紫修学館では、思考力や表現力を鍛える授業や、英語で「クリティカルシンキング」
を行うための授業ラインナップがあります。そして、それらは個別指導にも生かされてきます!!

このように、福岡で一番、みんなの将来を見据えている九大パルで、自分の夢への第一歩を踏み出してみませんか??

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

夏期講座九パルの強み

2016年6月23日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

夏期講座で何とかしたい!!でも何ができるんだろう…?そう疑問に思っている
生徒さんは多いと思います。

特に中学校時代と違って、高校内容は、自分の悩みやわからないところをどう相談したら
いいかわからない、特有の「もどかしさ」があると思います。

中学校の内容ならば…わかっていそうな友人や親御さんなど、周囲の人もフォローや説明が
やりやすいです。しかし、大多数の人が「むずかしいなぁ……なんといえばいいんやろう…?」
と四苦八苦してきたのが高校内容!高校の先生に質問に行っても、「自分が何がわからないかが
わからない」皆さんも多いと思います。

そんな生徒さんに、九大パルならば、基礎から応用までをもれなく経験してきた九大生がその
経験を存分に生かして、気が付かなかった弱点まで把握し、適切に弱点をサポートできます!!

例えば、国語でいうと「アイデンティティ」など背景知識や古文の「活用形」「接続」など、
英語でいうと「文型」「品詞」「句と節」など、「ワークは解けるけど意味を理解していない」
基礎事項からわかっていない部分を把握して、徹底的に対策・指導します。

こうした「かゆいところに手が届く」指導ができるのも、九大パルの強みの一つですね。

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

夏期講習、受付開始!

2016年6月21日

高等部 個別指導 九大パルの吉川です。

本日、夏期講習の折込チラシが入りました。
おかげさまで、たくさんの方よりお問い合わせのお電話をいただきました。
やはり受験を控えた高3生の関心が高いようですが、
定期考査の真っ只中ということもあり、
高1・2も藁をもすがる思いのようです。

個別指導の強みは、個人の状況に応じてカリキュラムが組めるところです。
家庭学習の管理も一人ずつ行えます。
もちろん部活動や体育祭の練習にも対応したスケジュールが組めます。
「ムリなくムダなく」という観点からいくと、断然個別指導がオススメです!

“九大パルに興味はあるんだけど…”と二の足を踏んでいる人は、
無料体験授業やカウンセリングもやってますので、
気軽に相談してくださいね!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

まずは一声かける勇気から!

2016年6月17日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

学校の定期テストや文化祭など、1学期は何気に忙しいですが、授業はもちろん、
夏休みの話をするにつれて、自習に来てくれる生徒もだんだん増えてきてくれています。
本当にありがたいことですね。

ただ、実際に自習に来たものの、「もっとうまく先生を使えばいいのに……」とも思います。

自習に来たら……文系理系問わず、九大生の先生や学習マネージャーの先生、自校舎にいなくても
他校舎のプロ講師の先生など、頼りがいのある環境がそろっています。

もちろん、「これを終わらせるまで帰らないぞ!」という強い決意も大事ですが、自分の思考や
方向性を客観的で「プロの目線」で判断して、ぜひとも学習方法や学習内容、学習計画など
もっと気軽に話しかければ、「密度が濃い」学習ができます。

私たちも、「順調?」「がんばってるね~」など声はかけますが、まずは一声かける勇気から!

何でも相談してください!!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

夏というチャンス

2016年6月16日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

昨日に引き続き、各校舎では定期対策に一生懸命!ですが、そんな中でも夏期講習
や合宿に向けた準備を先生方は着々と進めてくださっています。

なぜ夏期に頑張るのでしょうか?

確かに、合格するため、ということはあります。
例えば、古文で言うと、今、助動詞の接続をマスターするほうが、秋や冬期講習
でマスターするよりも絶対学習効果が高いです。
なぜなら、学校でも塾でも夏期講座前後から過去問演習がはじまりますが、自分の
得た知識を実践練習の中で確かめられるからです。過去問演習の中で確認できる知識が
多いから、より合格に近づく学習ができるから、夏期講習でたくさん勉強するわけです。

しかし、高校生全員にいえることで言うと、「頑張る習慣をつけること」。

大学では、または社会に出たら、より「自分の好きなことばっかり」頑張ることは難しく
なります。「自分の好きなことのために頑張るあまりに苦手なことも忘れてしまう」人は
いても、着実にコツコツ頑張る計画性や実行力の方が評価されます。

そのため、九大パルでも「学習習慣応援シート」を用いて学習習慣の定着をはかっていますが、
受験生に関していうと、特に「夏期合宿」は、日頃「やらないといけないのはわかっているけど
勉強ができない」・「何をすればいいのか正直よくわからない」生徒さんには特におすすめで
人気があります。

3日間の時間を最大限活用して、「今自分に必要なものは何か?」「限られた時間、例えば
これからの1時間でどれだけ頑張れるか。そこからの課題は何か?」など、プロ講師や九大生
の先生、一緒に頑張る仲間たちがいるからこその学びができます。

習慣はなかなか変わりにくいといいますが、大事なのは頑張ろうというきっかけ。
合宿の大きな武器の一つは「非日常性」で、冬期でも頑張ってほしいですが、むしろ夏だからこそ、
自分を変えて頑張ってほしいですね。

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

定期テストも受験ですよ!

2016年6月15日

高等部 個別指導 九大パルの宮本です。

今、校舎では定期対策の追い込みやまさに「定期テスト中」という生徒でいっぱいですね。
筑紫修学館の他の校舎の様子を聞いても、先生は皆、定期対策に「全力投球」中のようです。

さて、この定期対策。特に大学受験をだんだん意識し始める高校3年生にとっては、「どれくらい
重要なんだろう」と疑問に思う生徒も少なくありません。
推薦入試を狙う生徒には重要性がすぐ理解されるのですが、受験にとって定期対策は……もちろん
大事ですね。

まず、受験に直結する英語や数学、国語などは、直前の追い上げで暗記した内容をいかに長期記憶化
して入試対応力につなげられるかがポイントですね。高校3年生を担当する先生も、受験を控えている
ことくらい、十分理解しています。
そのため、定期テストで聞かれるポイントと入試で問われるポイントが重なる可能性は高いのです。

また、「政経なんか関係ない!」・「私文だから数学とかいらないし」とか思っているかもしれませんが、
現代文や小論文、英語の本文のテーマになる可能性は十分にあります。たとえ入試に直結しない科目で
あっても、「こんな話だったな~」と覚えておくくらいのアフターケアが必要ですね。

ともあれ、定期試験中も定期試験後も、受験までの貴重な日々には変わりがありません。
ここでひと頑張りして復習してみよう!という気持ちと行動が、ライバルとの差になり、合格への第一歩に
なりますよ!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

原子番号113番ニホニウム

2016年6月11日

高等部 個別指導 九大パルの吉川です。

森田浩介・九州大学教授が率いる理研の実験チームが
原子番号113番の新元素を発見し、「ニホニウム」と命名しました。
西新校に森田先生をよく知る講師がいて、
授業後の講師ミーティング(終礼)の際に
森田先生のエピソードを紹介してくれました。

「今回の研究によって、日本の研究チームが発見した元素が
理科の教科書に載ることになった。これを通じて、
日本の研究チームってすごいなぁと感じて、
理科が好きになる学生(生徒)が一人でも増えたら嬉しい」
とコメントしていたそうです。
「自分の研究に共感してもらい、その人にプラスの影響を与えたい」と思うのが
研究者の心理なのでしょうね。

このたび九大の教授が偉大な研究成果を残しましたが…よく考えてみると、
九大パルには研究者の卵である九大生がたくさんいます。
もしかしたら自分の指導にあたってくれている九大パルの先生が
将来すごい研究成果を発表して、歴史に名を残す可能性もありますね♪

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

ライバルにエネルギーをもらおう!

2016年6月8日

高等部 個別指導 九大パルの吉川です。

四国は高知県のお話です。
高野連(高校野球連盟)が高知県下34校の野球部員全員に
夏の甲子園大会の決勝戦を球状で観戦させる方針を決めました。
約1,200人分の入場料を無料にして外野席で観戦させるとのことです。
高知県はここ5年「明徳義塾VS高知」という決勝カードが続き、
県内のチーム格差が広がると同時に、
部員不足のため複数校が連合チームを結成することもあるそうです。
そこで、今回の試みにより野球部員のやる気をアップさせ、
県内の野球熱を高めて活性化させることが目的で実施するとのことです。

この取り組みについては賛否両論ありますが、
高野連の意図することは十分に理解できます。
同じ立場の人が頑張る姿を間近に見ることは大変良い刺激になります
九大パルで実施する「夏期3DAYS合宿」然りです。

「同じ受験生なのに、こんなに頑張っている人がいる」

「自分ももっと頑張らなきゃ!」

という図式です。
みんなが頑張る姿がなによりの“激励メッセージ”です。
合宿に参加するみなさんは、良い刺激をたくさん受けて、
受験勉強のエネルギーに変換してもらえればと思います!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

みなし満点??

2016年6月5日

高等部 個別指導 九大パルの吉川です。

教育業界では「大学入試改革」に関する話題に事欠きません。
特に先行して改革が進んでいるのが“英語”です。
最近の潮流として「使える英語」を身につけている受験生のために、
「英語外部検定を利用する」入試制度が増えつつあります。
これは大学が指定する検定の級・スコアを所有していれば、
英語の試験が免除になるなどといった制度です。

2017年度入試から西南学院大学のセンター利用入試でも導入されます。
なんと「英検準1級」を所有していると、
センター試験の英語の得点を満点とみなして合否判定してもらえます!
これを≪みなし満点≫といいます。
英検準1級を持っていれば、センター本番でも高得点をGETしそうな気はしますが、
それでも当日体調不良で実力が発揮できなかったり、
またマークミスをしたりなど、何が起こるか分かりません。
ですから、入試の前に検定の条件をクリアしておくほうが断然有利なわけです。

この制度は今後ますます導入大学が増えるでしょうから目が離せません。
でも、入試制度に関わらず「使える英語」を身につけること自体が
自分にとって大きな財産になりますよね!

《福岡で羽ばたく 福岡から羽ばたく》
大学現役合格を目指すなら 個別指導 九大パル

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
お問い合わせ・ご相談はこちらから
九大パルへのお問い合わせ・ご相談
校舎案内
お知らせ
講師ブログ

講師募集